アクセスカウンタ

立川談幸のブログ 噺家徒然草

プロフィール

ブログ名
立川談幸のブログ 噺家徒然草
ブログ紹介
立川談幸ホームページhttps://dankou.jimdo.com
出演落語会http://ameblo.jp/t-dankou/

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
七月二十一日の徒然
新弟子に地域寄席ではあるが初高座を踏ませた。上手い下手より聞きやすいかである。そこにお客様の期待度が上がるのである。聞きやすい点ではまあまあだったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/21 22:55
七月二十日の徒然
今日は昼と夜お寺の仕事でした。話芸のルーツが説経にあるとすれば、なるほどお寺の本堂は話し手にとって話しやすい空間に出来ている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/20 22:51
七月十九日の徒然
某新聞社の取材を受ける。立川流から落語芸術協会への移籍のいきさつやら定席で初のトリを勤めた感想、そして今後のことなど。質問を受けることによって自分自身に改めて問いかけることがある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/19 23:19
七月十八日の徒然
稽古しておけ!という言葉、何をまで教えなくてはいけないと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/18 23:04
七月十七日の徒然
前座として覚えなければならないことはたくさんある。しかし難しいものはまずない。出来ないものはないのである。あるとすれば慣れないから出来ないということである。基礎的なことを教えて次には出来るようになっている。それは慣れるまで稽古した証拠である。証拠を見せてくれれば教え甲斐も湧いてくる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/17 21:00
七月十六日の徒然
この時期お寺でのお施餓鬼で落語を頼まれる噺家は多いと思う。私も毎年伺うお寺があります。毎年のことなので引き出しを多く持つということが大事である。そしてその引き出しからすぐ取り出せるようにしておくということも。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/16 22:51
七月十五日の徒然
落語芸術協会に移籍して初めてのトリをとらせて頂きました。五日制なので今日が千穐楽です。なんて新参者に対してそして立川流を退会してきた私にこんなにも温かいのか、それは芸協の皆様方ばかりでなくお客様からもそんな空気を頂きました。芸協は緩いんじゃなくて人情が温かいのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/16 18:18
七月十四日の徒然
お陰様で夜にもかかわらず入りのいい状態が続いています。他団体の仲間も顔を出してくれました。トリをとらせてくださった席亭並びにスタッフの皆様方ありがとうございます‼あと一日です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/14 23:36
七月十三日の徒然
浅草演芸ホールでの初トリ、五日間の演目をそれなりにプランを立てました。今日やると決めていたのが「死神」ところがお世話になってる人の今日が誕生日。その方の前で「死神」をやってしまいました。う〜む反省反省。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/14 23:36
七月十二日の徒然
ゆとりのない高座の中にも収穫がある。窮鼠猫を噛むじゃないが思いもかけないセリフが出る。それが墓穴を掘ることもあるが残しておきたいセリフが出ることもある。今日ちょっとそんな言葉が出た。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/14 23:35
七月十一日の徒然
芸協入りして初のトリを勤めました。何度もブログで書いた通りとにかく芸協の人たちは温かい。落語に不可欠な上辺だけじゃない人情がある。助けられてます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/11 23:14
七月十日の徒然
新宿末廣亭の上席が終わった。十日間演目を変えようと思ったが夜の部なのでやろうと思った演目が昼に出てたり、またお客様の空気で予定してた演目を変えたりと結局十日間のうち重複してやったものが三席あった。さあ明日から浅草演芸ホール夜の部のトリ。11日〜15日まで。芸協入りして初めてのトリ。それこそ夜の部の最後なので演目が絞られるし縛られる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/10 18:47
七月九日の徒然
熱中症には水分の補給をこまめにということだそうである。寄席の楽屋では前座がお茶を出してくれる。楽屋入りしてまず一杯 。高座に上がる前と下りてから一杯ずつ、計三杯はお茶を飲む。水分の補給とポリフェノールとビタミンCを摂取することが出来る。熱中症の予防になってるかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/09 20:45
七月八日の徒然
同じ噺を同じようにやっても会場によって受けたり受けなかったり。受ける場合の割合が八割以上ならば良しなのだが、でも二割の方を引きずってしまう。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/08 18:46
七月七日の徒然
真打の昇進披露口上は昔と比べだいぶ様変わりしている。昔は大御所の師匠方は型どおりとはいえ格式を保った口上をお勤めになっていたように思う。今は噺家らしく気取らずにざっくばらんで笑いの多い口上が主流である。お客様の支持もある。大衆芸能が変わっていくのは必然なのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/07 23:12
七月六日の徒然
寄席の客席の空気は一つの生き物である。誰がこの空気を作るのかわからないが一つの色になる。そして途中色変わりはしない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/06 22:51
七月五日の徒然
話し慣れているほどポンポン早く喋れるかというとその逆で話し慣れているほどゆっくり喋れる。慣れてないと余裕がなく早くなってしまう。その結果受けない。テンポは早さのことではないのです ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/05 23:31
七月四日の徒然
落語家の活動範囲は広い。落語だけにとどまらな。言ってみれば落語家という名を使っていくらでも融通のきく稼業である。何をやってもいいのである。今月26日〜31日まで新宿シアターモリエールで公演する芝居「ゴールデン街青春酔歌」今日から稽古が始まった。どっかで落語で培ったものを出さねばと狙ってる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/04 23:11
七月三日の徒然
夏場の猛暑には辟易だが出かける前に湯冷めの心配がないのでシャワーを浴びることができる。さっぱりとして長続きはしないが制汗の効果もある。そして涼やかに高座が勤められればいいのだが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/03 14:57
七月二日の徒然
今日はかなり湿度が高い。定席でのわずかな持ち時間でもどっと汗が出る。肌襦袢がびっしょり濡れるのが心地悪い。これからの時期下着のシャツと肌襦袢の替えを持ち歩かねば。これだけ湿度が高いと狐でも出てきそうである。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/02 20:14

続きを見る

トップへ

月別リンク

立川談幸のブログ 噺家徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる